太宰府市民吹奏楽団 指揮者紹介

指揮者写真1常任指揮者:飯田 信也
吹奏楽をやる場合、始めと終わり(中学の部活動と一般の市民楽団)は「音楽の楽しさ」をより感じれる、リラックスできる場所であるべきだと思っています。忙しい普段の生活の中で、音楽を続けていくのはなかなか大変。だからこそ「楽しく」かつ「よりよい」演奏を目指す工夫を、無理せずコツコツと積み重ねることを練習で常に心がけています。現在、音楽演奏を趣味にしたいと思ったら、ロック、ジャズバンド、オーケストラ、合唱など様々なものを選択できます。その中でも吹奏楽というジャンルは、「とりあえず音楽は何でも好き!」というよくばりな人にとっては最適なもの。「ああ、なんか久々に音楽やりたくなったなあ…」という人はぜひ、一度太宰府市民吹奏楽団に来てみてください。

指揮者写真2

【指揮者より一言】『人生で何が楽しいかって・・・?そりゃ食べることでしょう!食べることとは生きること。食事にこだわらずして人生にこだわると言えようか?『子供の頃のバイブルはミスター味っ子と美味しんぼ』音楽やってなかったら、コックにでもなっていたのかなあ…。』

 

>> このページのトップへ